FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

4サイクルエンジン(4スト)とは

前回は2ストの説明をしましたが、2ストはもはや絶望的です。
公道走行できる2ストバイクは日本では作られておらず、新車で乗りたければハスクバーナといった外車を買うほかありません。
それに対して現在主流なのが4ストです。

4サイクル(ストローク)エンジンもレシプロエンジンの一種です。
4ストロークという名前が示すとおり2ストロークの2倍すなわりピストン2往復する間に1行程を完結するエンジンのことをいいます。
簡単な流れ
1、ピストンが上死点から下がり始める
2、吸気バルブが開き混合気を吸入
3、ピストンが下死点から上昇する
4、混合気が圧縮され燃焼する
5、燃焼圧力によりピストンが押し下げられ下死点に向かう
6、ピストンが下死点到達後上昇する
7、排気バルブが開き燃焼ガスを排出する

まぁ、『はぁぁ?』って感じですね。
2ストロークよりさらに複雑になっています。
簡単に言うと
4ストロークエンジンはクランクシャフトが2回転する間に1爆発を起こす
ということさえわかれば良いです。

4stroke.gif
↑4ストロークエンジンの図
上の説明と合わせながら見ていただきたい

2ストロークの方が効率が倍いいので圧倒的なパワーがでます。
単純に250ccの2stは500ccの4stに匹敵すると考えてください。
さらに2stエンジンは単純な仕組みのため軽量コンパクト!
運動性能抜群です。
ただし、パリパリする音がバイクに乗らない方にとっては非常に不快ですし、燃費も悪い。
加えて排ガスが汚い=現行の排ガス規制に対応できない
というデメリットがあるため最初に述べたように現行の国内ラインナップには存在しません(コンペティション除く)

4stはパワーこそ2stに劣るものの2stのデメリットをほぼ解消するような形をとっています。
低燃費・クリーンな排ガス・低騒音
ピークパワーこそ劣りますが、低回転からも出力が得られるのも大きなメリットです。
バイクを取り囲む現状は厳しくなってきています。
だからこそ効率が良くクリーンな4stの開発を各メーカーは競争しているのです。

やっと色々書けるようになりました。
でも気筒数まで説明しておきたいなぁ…
スポンサーサイト
category
基礎知識&用語

Comment

Trackback

http://grandtouring1.blog.fc2.com/tb.php/96-cd9b8e71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。