2サイクルエンジン(2スト)とは

2013年06月01日21:02  基礎知識&用語 写真あり

ここしばらくテスト続きで更新が遅れがちになってしまい申し訳ありません。
(できれば今月でいろいろ決まって欲しいです)

さて、2サイクルエンジン(2スト)の説明と行きましょう!

2サイクルエンジンはレシプロエンジンの一種です。
名前の2サイクルは2行程つまりピストンが1往復することを意味します。
前回の復習となりますが、行程とはエンジンの『吸気・圧縮・燃焼・排気』の一連の流れのことだというのを思い出してください。
この4つの過程をピストン一往復する間に完結するエンジンを2サイクルエンジンと言います。

ここからは少し詳しく書きます。
1、ピストンが上昇してシリンダー側が混合気を圧縮
2、一方のクランクケース側は負圧となって混合気を吸い込む
3、プラグの点火による燃焼によってピストンが押し下げられる
4、クランクケース内の混合気が圧縮されシリンダー側へ押し出される
5、混合気の流入により燃焼ガスが排出される
というのが一連の流れです。

まぁ、『は?』って感じがしますよね
しかもこれがピストン1往復の間に完結しているという
まぁ簡単に言うと
2サイクルエンジンはクランクシャフトが1回転する間に1爆発を起こしている
ということさえ頭にいれておけばなんとか話はできるでしょう。

2stエンジン
↑画像は2サイクルエンジンの行程を示している。
 ピストンが1往復する間に全て完結しているのがイメージできればよい

あまり専門的に書いてるブログではなく、あくまで記事のための先行知識として書いているので詳しく知りたい人はご自由に調べてください
トラックバックURL

http://grandtouring1.blog.fc2.com/tb.php/95-9bac9371

前の記事 次の記事