FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ストロークとは

出力・トルクが終わったのでストロークの項目に入ることにしましょう。
4ストローク、2ストロークという単語をよく耳にします。
そしてバイク乗りなら2ストロークは現在絶望的だということも知っていると思います。
でもストロークって一体何なのか正確に説明できますか?

ストロークとは日本語訳すると「行程」の意味になります。
ピストンが上死点~下死点へ、また下死点から上死点へ移動すること
つまり往復することを言い
またはピストンの移動する距離を言います。
ちなみにストロークとサイクルは同じ意味です。

行程とは2ストローク、4ストロークともに
エンジンの『吸気・圧縮・燃焼・排気』の一連の行程のことを指します。
1、シリンダー内に混合気が送りこまれ
2、圧縮され
3、点火と同時に爆発し
4、排出される
という基本行程は2スト、4ストともに変わらないわけです。
2ストローク、4ストロークはこの基本行程が何回のピストン往復運動で行われるかが違います。

2ストローク、4ストロークのそれぞれの説明は次回にまわすとして
なぜこの行程でパワーが得られるのか簡単に説明をしてさわりの部分は終わりたいと思います。
簡単に言うとパワーはエンジン内の圧力が変化することで得られます。
燃焼の時に圧力は最も高くなり、吸気・排気の時は最も低くなる。
この圧力の差を利用することでバイクは走るというわけです。

ストローク
画像は行程システム

2&4ストローク
それぞれのストロークの特徴を簡単に表した図

さて、次回はそれぞれのストロークについて説明していきたいと思います。
ホントはバイクのことについて書きたかったんですけど、ストロークと気筒数について説明をしないまま新しいことに挑戦できないと思ったのでしばらくお待ちください。
スポンサーサイト
category
基礎知識&用語

Comment

Trackback

http://grandtouring1.blog.fc2.com/tb.php/94-afa224c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。