FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

最大トルクとは

ひとつ前の記事の馬力と密接な関係があるのがトルクです。
具体的な解説をする前にバイクにおいて「トルクがある」とどのような時に使われる(もしくは聞く)のか考えてみましょう。
私はよく低回転の発進でもギクシャクしない乗りやすいバイクが「トルクがある」と表現されるのを耳にします。
逆に速いバイクについては「パワー(馬力)がある」と表されます。
端的にまとめると
・低回転:トルク
・高回転:馬力
といった構図をイメージします。
正確ではありませんが、これあながち間違いでもないんです。

さて、前回のおさらいから
馬力の公式は「馬力=トルク×回転数」でした。
トルクが同じならエンジンの回転数が高いほうが馬力が出るということも前回言いましたよね。
逆に回転数が同じならばトルクの大きいほうがパワーが出ているということになります。
ピーンときましたか?
そう、ギクシャクしがちな低回転時においてスムーズに進むことができるすなわち「パワーが出ている」ということはトルクが大きいということになります。
つまり低回転で乗りやすい=トルクがあるというイメージはニュアンス的にはあっているわけです。

ふむふむと思いながらこれを見ている人が思っているのはおそらく
で、トルクって一体なんやねん!
ではないでしょうか。(ギクっとした人は手を挙げなさい。
トルクを言い換えると「モーメント」です。
Just a moment(ちょっと待って)のモーメントではなく、物理の用語で回転力を意味します。
正確な定義は「エンジンのクランクシャフトに1mの腕を取り付けてしび腕の先端にかかる力」
単位としては「-Kg-m/rpm」が用いられています。
例えば4Kg-m/10000rpmと表記があれば、エンジンが1万回まわっているとき1mの腕の先には4kgの力がかかっていることになります。
これでもうカタログ読めますね。

プラスアルファ知りたい人は続きをどうぞ
もういいやという方は次回をお楽しみに
ではそのトルクはいつ発生するのでしょう。
燃焼室内の混合気が燃焼しその圧力によってピストンが押し下げられクランクシャフトを回転させたときに発生します。
すなわちトルクを大きくしたい時は燃焼圧力を上げてやればいいんですね。
ひとつの例としては1気筒当たりの排気量を大きくしてあげる方法があります。
つまり同じ400ccでも4気筒より単気筒の方がトルクが大きいわけです。
単純にカタログのトルクが大きい乗りやすいというわけではなく、あくまで各気筒のトルク数×気筒数で出された値だということを忘れないで欲しいです。
SRやオフロード、ストリートをはじめとする単気筒勢が街中で乗りやすいのはこういう理屈があったからということをまとめとして書くとすごいと思われるので書いて終わります。
スポンサーサイト
category
基礎知識&用語

Comment

Trackback

http://grandtouring1.blog.fc2.com/tb.php/93-512e78cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。