FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

SRと仲間たち その6(YAMAHA SRX250)

タイトルに入っているように今回はSRX250の紹介となります。

はじめに申し上げますと完全に勘違いしていました。
SRX250はSRX600、SRX400に次ぐ末弟の存在で
いわばNinjaシリーズにおけるNinja250のような扱いにすぎないと思っていました。
しかし記事を書くために調べると
発売年が1984年と600と400に比べて1年早い!
ということに気がつきました。
つまりこいつがSRXシリーズの先駆けなんですね。

カタログでは
XT250ベースのエンジンにYDISを装着して32PSにまでパワーアップ。
低中速でのトルク感と高回転域でのパワーフィールを両立させている。
と書いてあります。
YDISについては改めて書こうと思いますが、着目すべきはXT250ベースのエンジンであるということ。
もともとSRというバイクはXT500のエンジンを搭載していたというのは覚えていると思います。
すなわち
名前だけでなくSRとしての体制を持っているということがわかります。

srx250_198406.jpg
画像はSR250のもの

srx250f_198406.jpg
画像はSRX250Fのもの

スポーティな感じが漂ってきます。
しかし、こいつなぜがリアブレーキがドラムという…
一体YAMAHAはSRらしさを残したかったのかスポーツ性を高めたかったのか
ようやくリアがディスク化されるのが1990年。
6年間もドラムでスポーツを謳っていたYAMAHAに乾杯( ^^)/▽▽\(^^ )

スペック
・空冷4ストDOHC4バルブ単気筒
・32PS/10000rpm
・2.4kg-m/8500rpm
・121kg
実はSR400より馬力があるというのに最後に気づいてしまった
さらにSRX400と1馬力しか変わらない
それなのにSRX250は語られることは少ないのはなぜでしょうか。
ツッコミどころ多すぎな車種
スポンサーサイト
category
バイク雑談

Comment

Trackback

http://grandtouring1.blog.fc2.com/tb.php/85-9f8ec657

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。