FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

SRと仲間たち その5(YAMAHA SRX400)

前回紹介したSRの亜種SRX600
SR500よりさらに大きな排気量でファンの層を拡大しました。
そして当然SRの主戦場である400にも出没します。
それがSRX400です。

発売は1985年とSRX600と同じ年にデビュー。
SRX600がシングルスポーツという新たなジャンルの開拓に向けた意欲的なマシンだったのに対して、それにあやかったのがSRX400。
当初は600の劣化版だと捉えられていました。

1990年のモデルチェンジが大きな分岐点でした。
600主体というコンセプトが外れ細部を見直した結果、とてもバランスの良いバイクとなりました。
もともと600単気筒というのが少し奇抜ですしね。
それよりユーザー層の多い400を見直した方が売上も伸びると思ったのでしょうか。

シングルスポーツも楽しいというYAMAHAのコンセプトは素晴らしい。
しかし、時代がスペックを求める時代だったため低空飛行で終わってしまいます。
グース350と同じですね。
速さより乗る楽しさが求められている現在もう一度再販して欲しい一台です。

スペック
・空冷4ストOHC4バルブ単気筒
・33PS/7000rpm
・3.4kg-m/6000rpm
・149kg

SRX400.jpg
検索したらこんな画像が!
スポンサーサイト
category
バイク雑談

Comment

Trackback

http://grandtouring1.blog.fc2.com/tb.php/84-a4911680

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。