FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

SRと仲間たち その2(YAMAHA SR400)

YAMAHAのSR
前述したようにこれほど不思議なバイクはないと思います。
35年前の姿のまま現行車として販売されているのは奇跡です。
車では絶対にありえません。ハコスカみたいな車は現在販売されていません。
バイクの中でカブですらモデルチェンジしており
バイク雑誌を見ると絶対一年に一度はSR特集が組まれています。

スペックは
空冷 4st 単気筒
27ps/7000rpm
3kg-m/6500rpm
152k
と250と見間違うばかりのパワーのなさと軽さ
しかし、トルクはしっかり3kg-mあるのが400であることを主張しています。

特筆すべきはそのエンジン
ボア87mm×ストローク67.2mmのショートストローク設計
これにより低中回転域の力強い鼓動感とスムーズな吹け上がりの両立を図っています。
SRの心地よい振動はここからきています。

ストリート系でも述べましたが、このタイプのバイクはカスタムパーツが豊富にあります。
そのなかでもSRは35年間つくり続けられているため、群を抜いてパーツが多く存在します。
オールドルックスなスタイルで乗るもよし、カフェレーサー仕様にするもよし、ボアアップするもよし、FCR入れるもよし
イジリ系のバイクとしてこれほど楽しいものはおそらくないでしょう。
ただ、イジリまくったSRオーナーが行き着く先は全員同じで
ノーマルのSRの良さに気づくそうです(笑)

意欲的なYAMAHAはこの派生モデルも作りました。
次から紹介していきたいと思います。

21_l.jpg
画像は初期型(1978年)のもの
現在とほとんど造形が変わらないのが見て取れる。

スポンサーサイト
category
バイク雑談

Comment

Trackback

http://grandtouring1.blog.fc2.com/tb.php/78-24e04419

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。