FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

スズキ グース350

青グース君の愛車のグース350の紹介記事です。

カタログより
DR350用をベースのエンジンを、パイプトラス部とアルミ製ハンガープレートで構成されるフレームに倒立フォークを装着。
まるでレーサーレプリカのようなポジションとハンドリング特性を持ち、キビキビとしたパワー特性と切れ味鋭い走りが特徴。

goose350_1991.jpg
さっきからやけに画像でかくなったな
SUZUKIの呪いか?

スペック
油冷4ストOHC4バルブ単気筒
33PS/8000rpm
3.3kgm/6500rpm
145kg

レーサーレプリカ全盛期にSUZUKIが送り出したのがこのグース
開発コンセプトは「直線は退屈だ」
レーサーのカウルを外したような見た目とは裏腹にスペックは低め
当時はカタログ数値でバイクを選ぶ時代だったためヒットはしませんでした。
しかし145kgという軽さ、セパハン、倒立フォークによる圧倒的なコーナリング性能
そして搭載する油冷4ストOHC4バルブ単気筒による単気筒らしくコーナーの立ち上がりの絶大なトラクション
峠の下りという限られたステージではかなりの戦闘力を誇ります。
良い意味で単気筒らしくなく高回転まで回り
ヒラヒラと倒すのが気持ちいい。

最高速が速いわけではない
登りも速くはない
長距離では腰が砕けるほどきついライポジ
しかし、峠のダウンヒルを攻めるとそんなことはすべてどうでもいいかのように思えるマシン
峠はなぁ、パワーよりバランスなんだよ
という開発者の声が聞こえてきそうな気さえします。

メーカーが純正でカスタムのように入れ込んだバイクというのは大抵が不人気に終わります。
このグースもその一台
しかし、メーカーが本気で作ったというのは乗ってみればわかります。
単気筒ということで維持費も安いでしょうし峠を攻めたい人にオススメしたいバイクです。

~直線は退屈だ~
スポンサーサイト
category
バイク雑談

Comment

Trackback

http://grandtouring1.blog.fc2.com/tb.php/30-c69d5023

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。