スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

モタードのりたい 番外編 その1(Yamaha WR125X)

これまでは主に国内で販売されている国産メーカーのバイクを紹介してきましたので

そろそろ珍しい車種について書き始めましょう

1つだけ断らせていただくと、

乗ったことがないマシンばかりなのでインプレが書けないということはわかってください。



榮ある番外編第1回はYAMAHAのWR125X

wr125x.jpg


ん?や、ヤマハ?

ヤマハのモタードといえばWR250Xがクラス最強の名をほしいものにしていますが、実は弟分も存在するのです。

それがWR125X

まぁ、D虎と子虎の関係みたいなもんですね。



しかし、D虎兄弟(頭悪そうな名前)と比べて違うのはその大きさ

ピンクナンバーを隠して250だと言っても信じてしまいそうなくらい車格があります。

それもそのはず

だってフレーム共通なんですから(うろ覚え



ヤマハらしいスタイリッシュなモタードほしい

でも、維持費の関係もあって125に乗りたいという方にWR125Xはおすすめです。

WRの名を冠するだけあってスペックはXT250Xとほとんど変わりません。

XT250X「…」



ただし、1つだけ大きな問題点を挙げるとするならば入手の難易度と部品供給です。

プレストさんが輸入しているとはいえ、基本的に入って来ません。

この時点でグッと来た人以外はあきらめてください。

さらに正規品ではないので、ヤマハからの部品供給にも疑問がつきます。

ま、まぁ外車だと思って乗ればなんのことはないですね(棒読み



しかし、実はこのWR125DX。向こうではそれなりに人気がある名車のようで

エンジンは他のメーカーのバイクに多く積まれています。


いい音してます。



人と被らず、維持費が安く、国産メーカー好きで

そもそも車体がめったに手に入らず、部品供給が危なくても問題がないと思える方

是非乗ってください。

そしてインプレを書いてくださいお願いします。
スポンサーサイト
category
バイク雑談

Comment

Trackback

http://grandtouring1.blog.fc2.com/tb.php/126-77cc8336

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。