FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

モタードのりたい その15(Kawasaki KSR110)

更新をさぼっていました。

4月から環境が変わりかくかくしかじかで、なかなか家にいる時間がありません(言い訳



小排気量モタードの話でしたね。



人気シリーズとなったKSR-Ⅰと-Ⅱ

特にⅡは絶版になった後で人気がでたモデルのため、再販を望む声がおおく聞こえました。

そこで2002年にカワサキの出した答えがこれです。



KSR110

KSR110.jpg





もう一言でつっこみます。

「なんで排気量大きくしたんだよ」

元来50ccだった排気量はついに110に到達

なんと2.2倍です。

普通ならば再販望んでいたユーザー激おこです。




しかし、排気量アップされたKSR110と理由があります。

1つにエンジンが変わっていることです。

もともと2ストだったエンジンはSOHCの4ストに。

同じ排気量ではパワーを出すことはできずダウンしてしまいます。

4ストエンジンという縛りのなかでKSRらしい軽快な走りを求めたユーザーを考えた故の結果なのです。




考えてみてください。

再販を望んだバイクが排気量が同じながらパワーダウンしていたら…

きっと非難の嵐です。(おっとCBR250Rの悪口はry)

それならば同じ原付2種の枠の中で以前に負けず劣らず面白い後継機を作ったほうが良いと思いませんか。




1つだけ余談を

現行のCBR250Rというバイクがありますが、非常に良いバイクです。

試乗したこともありますが扱いやすく非常に楽しいと感じました。
250のエントリーモデルとしての人気も高いです。

しかし、不運なのは同じ名前のバイクが過去にあったということです。

 昔 : 国産、 4気筒、45馬力
 現行:タイ産、単気筒、27馬力(モデルチェンジ後29馬力)

全然違います。

昔を知っている人で現行のCBR250Rという名前に納得できない人がいるのも気持ちはわかります。

どんなに良いバイクであっても過去の名車と同じ名前だと評価が厳しくなります。




結果的にカワサキの目論見は当たり、

排気量が拡大されたこと=進化し続ける姿勢

ということですんなり市場に受け入れられました。



2ストから4ストへの移行の最大の難関である車重の増加も最小限に押さえ

足回りを熟成させ売り出したことが功を奏しました。

Over100ccとしては8.4馬力は大したことのない数値かもしれません。

しかし、エンジンパワーを更にあげると小さい車体のキャパシティを超えてしまい楽しくありません。

過激派であるカワサキの遊び心のつまったKSRシリーズ

乗ってみて損はしないはずです。
スポンサーサイト
category
未分類

Comment

Trackback

http://grandtouring1.blog.fc2.com/tb.php/124-1e046bf6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。