FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

モタード乗りたい その3(HONDA CRF250M)

前回はYAMAHAのWR250Xについて書きました。
YAMAHAがコンペティションモデルのみつけられていたWRの称号を使ったのに対して
HONDAもCRFというコンペティションモデルの名前を持つマシンを出してきます。
それがCRF250Mです。

CRF250.jpg

CRF250Lという最近出たオフ車をモタード化したモデルです。
(オフロードの記事から書けばよかったといつも後悔してます)
いかにも「オフを走るぞ」と主張するLのカラーリングに対して、Mは街中でも映えるカラーリングとなっています。
当然ですが足回りは一新され、街乗りそして峠でも乗りやすいモデルとして徐々に人気を集めつつあるモデルです。

CRF250M.jpg

エンジンは最近売れている現行CBR250Rのエンジンを最高出力を落とし低中速域のトルクを重視した仕様となっています。
CBRのスポーティな単気筒エンジンに加え軽い車体、さらに専用の足回り。
これだけでもかなり楽しそうなマシンであることは想像に難くありません。
加えて、元からあるエンジンとフレームを利用することで開発コストを安くできたのも大きな強みだと思います。

実際にWR250Xと車両価格を比較してみると
WR250X :732900
CRF250M:489300
と明らかに安いことがわかります。

価格は比較しましたが、CFR250MとWR250Xを比較するのはナンセンスな話です。
なぜなら成り立ちが全く違いますから。
基本的にモタードモデルはオフロードの派生として生まれるモデルなのですが
YAMAHAにはセローとトリッカーというユーザーフレンドリーなマシンが存在したためスパルタンなWR250Rが存在する余地があったわけです。
これに対してHONDAはCRF250Lの1車種で対抗しなければならなかったためパワーもそこそこで乗り心地の良いオフロードを開拓する必要がありました。
後出しジャンケンのため価格を抑えながらこの性能のマシンを開発したHONDAはさすがといえます。
事実YAMAHAのXT250Xというモタードよりも安い価格です。

CRF250MとWR250X
ともにコンペティション譲りの称号が与えられていますが両者の性格は全く異なります。
YAMAHAのWR250Xが公道を走るコンペティションモデルであるのに対して
HONDAのCRF250Mは本当のコンペティションモデルに乗るためのステップとして存在している。
そんな印象を受けます。
「モタードってどうなのかな?」というユーザーに対して価格が安いかつ懐が深いCRF250Mは非常に魅力的なマシンでしょう。
加えてレギュラー仕様で燃費がよいためセカンドバイクとしても最適な一台だと思います。

スペック
・水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
・23ps/8,500rpm
・2.2kgf・m/7,000rpm
・145kg
スポンサーサイト
category
バイク雑談

Comment

Trackback

http://grandtouring1.blog.fc2.com/tb.php/112-3974bfbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。