FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

狂乱の時代の幕開け Part.7 (Honda VT250F)

タイトルを見てのとおりまたVT250Fについての記事です。
『またかよっ』と思われるかもしれませんが、バイクの名前がそうなのだからしかたありません。
ですが、VT250Fという車種名はそうでもしっかりモデルチェンジをした2代目のVT250Fのことを指しています。

YAMAHAのRZ250からRZ250Rへの進化は著しいものでした。
排気デバイスYPVSの搭載によりパワーを増大させ
ブレーキやサスペンションといった足回りの改良によりそのパワーをバイクが受け止められるようになりました。
さらにカウルをつけたことで空力・防風の性能も格段に上がり
より速くより疲れにくいバイクへと変貌を遂げました。
HONDAのVT250Fはこれにどう対処したのでしょうか。

「YAMAHAができてHONDAができないはずがない」とHONDAの技術力を見るとそう思えてしまいます。
しかし、私の安直な考えとは裏腹に苦戦を強いられたはずです。
VT250Fのモデルチェンジには大きな障害がありました。

それはVT250Fの完成度の高さにありました。
もともと軽量コンパクトでパワーの出せる2ストに4ストで対抗しようというのは土台無謀な話です。
ですが、VT250Fは一代でそれを成し遂げてしまいました。
搭載されたV型2気筒エンジンは現代にも十分通用するほどの性能と耐久性を備えて
速さのみならず扱いやすさも同居させ初心者からベテランまでスポーツ走行を楽しめるバイクとしてヒットしたのです。
RZ250Rの大幅な戦闘力アップに対抗するためにはVT250Fのパワーを上げる必要があります。
そのためには高回転化が不可欠ですが、高回転型エンジンにするためには2気筒より4気筒の方がいいのは自明の理です。
しかし、それは実質的なVT260Fの敗北を認めるということになります。
さらに低回転からのトルクによる扱いやすさといった長所を捨てることになり、それはすなわち初代VT250Fのファンユーザーを切ることとなってしまいます。
加えてRZ250Rがカウルを装着したことで空力・防風性の面でもアドバンテージはなくなってしまったわけです。
はっきり言うと負けるのは明らかで挑むだけ無駄な努力の可能性が高い。
にも関わらずあえて挑んだのはHONDAの意地でしょうかそれとも自信でしょうか。。
正直に言うとHONDAに手はありませんでした。
RZ250からRZ250Rへの数段飛ばしの飛躍は不可能です。
だからこそオードソックスな手法でVT250Fに磨きをかけたのです。

まずは徹底的なエンジンの見直し。
それにより最高出力発生回転数を従来の11000rpmから12500rpmへと高回転化。
高回転化することにより懸念された弊害である低回転のトルク不足もハイインナーシャポートの採用により解消しむしろより扱いやすいよう低中速のトルクをアップ。

次に行ったのは足回りの変更です。
サスペンションのセッティングの変更によりさらに扱いやすさを追求。
加えてリアホイールを18インチから17インチへと変更しました。
これらにより街中でも扱いやすいかつコーナリングはさらに速くなりました。

vt250f_198402.jpg
画像は2代目VT250Fのもの

そして最も大きな変更点はデザインを一新したことです。
大ヒットモデルのデザインを一代で変更するようなことは普通は行いません。
なぜならば元のユーザーや乗りたいけど買えない、またはモデルチェンジを待っている人々の期待を無視することになるからです。
しかし、このVT250Fのデザインの変更にそういった問題は生じませんでした。
目を引くにはカウルですが、とってつけたような先代のカウルに比べてフレームマウントに変更した2代目のカウルは全体として綺麗に統一されています。
人気モデルのデザイン変更でありながら奇抜さは無く、むしろ洗練された感すら受けます。
速さとかっこよさが求められた当時に見事にはまったわけです。

スペック(括弧内は先代VT250F)は
・水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
・40PS/12500rpm(35PS/11000rpm)
・2.3kg-m/11000rpm(2.2kg-m/10000rpm)
・146kg(149kg)
と先代に比べ少しずつ改良されました。

敗色濃厚というより確定という条件のもとで
持ち前の技術力によりYAMAHAのRZ250Rに対抗できるマシンにまで昇華させたのは見事の一言です。
まだまだこの2メーカーの争いは終わりそうにありません。
スポンサーサイト
category
バイク雑談

Comment

Trackback

http://grandtouring1.blog.fc2.com/tb.php/104-f801d5a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。