FC2ブログ

狂乱の時代の幕開け Part.6 (YAMAHA RZ250R)

タイトルみて「またRZ250かよ」と思った人は手を挙げてください。先生起こってないから。
しっかりみてくださいRZ250Rです。最後にRがついています。
1982年にVT250FをリリースしたHONDAの猛追を振り切るためにYAMAHAがRZ250を進化させたマシン。
それがRZ250Rです。

当たり前ですが単純に語尾にRがついて速い雰囲気を出しただけではありません。
徹底的に改良が行われましたモデルチェンジです。
どこがどう変わっていったのかを簡単に説明していくことにします。

先代RZ250とVT250Fの大きな違いはエンジンなのは言うまでもありません。
2ストと4ストでは根本的に構造が違うためにどちらもスポーツ性能を高めたバイクであるにも関わらず全く異なるキャラクターを持っていました。
RZ250の水冷2ストエンジンは排気量が上のクラスの4ストマシンをもかもることができる高回転域のパワーと軽さ故のハンドリングが長所であるのに対して
VT250Fは4ストでありながらHONDAの最新鋭の技術を惜しみなく投影しただけあって同様に上のクラスの4ストマシンと戦える戦闘力とVツインの扱いやすさを持っていました。
しかし、エンジンの構造は変えることができないためにRZ250が進化するためにはそれ以外の部分を煮詰めていく必要がありました。

RZ250とVT250Fの別の大きな違いはスタイリングです。
もちろんバイクによってデザインが異なるのは当然として、その違いはカウルの有無です。
カウルの恩恵はなんといっても防風性と空気抵抗の軽減でしょう。
現在のSSを見てもわかるようにカウルはスポーツ性を高める上で必須と言ってもいいくらいです。
空気抵抗が減ればより速く走れますし、防風性が高まれば乗り手が楽に運転することができます。
あえてデメリットとして挙げるならば重量が増すことくらいです。
VT250FがRZ250より重かったのはカウルの有無ではないかと考えられます。

rz250r_198302.jpg
画像はRZ250Rのもの

上の画像を見てもらえばわかるとおりカウルを装着しているのがわかります。
これでVT250Fに対して防風性と空力に関するハンデは消えました。
しかし、これだけではただHONDAの真似をしただけです。
先代RZ250の起こした衝撃はさらに拡散し、当時の人々の「より新しいもの」を求める心も大きくなっていたためこれだけではとてもじゃないですが出すわけにはいきません。

そこでYAMAHAはさらに250の常識を覆すような行いをします。
・フロントブレーキのダブルディスク化
・リアブレーキはドラムからディスク化
・リアサスペンションはモノクロス式からプロリンク式へ
と足回りの進化を遂げてさらにコーナーリングに磨きをかけたマシンへと昇華させます。

しかし、当時の人々が求めていたのはまずスペックでした。
強化したブレーキもパワーが従来通りなら威力を発揮しませんし、空力の恩恵も感じないでしょう。
当然出力も先代RZ250より強化してきます。
※本当はパワー上げてからの足回り強化なんでしょうが、こちらのほうが話として作りやすいので勘弁してください。

YAMAHAがRZ250Rに搭載したのはYPVSというシステムです。
このシステムは近いうちに解説するとしてどういった効果をもたらしたかだけ記述します。
このシステムにより2ストの弱点であった低速のトルクの谷を消し、広いパワーバントを確保することが可能になります。
つまりRZ250がVT250Fに劣っていた低回転のハンデが少し解消され、高回転域でさらに勝負できるマシンになったのです。
メーカー同士の意地のぶつかり合いとはいえわずか2年でここまで進化させるのは驚きでしかありません。

最後にスペックを(括弧内はRZ250)
・水冷2スト・ピストンリードバルブ並列2気筒
・43PS/9500rpm(35PS/8500rpm)
・3.4kg-m/8500rpm(3.0kg-m/8000rpm)
・145kg(139kg)
と大きく進化しているのがわかります。
車重は増えているもののカウルを装着したにもかかわらずわずか6kgしか増えていないというのは素晴らしいの一言です。

1984年に発売されたRZ250Rですが同年にHONDAもVT250Fを強化して市場にリリースします。
はたして第2Rはどうなるのでしょうか。

~続く~
スポンサーサイト



category
バイク雑談

Comment

Trackback

http://grandtouring1.blog.fc2.com/tb.php/103-5f067d86