FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

狂乱の時代の幕開け Part.5

YAMAHAが出した稀代の名車RZ250。
そのインパクトは250という排気量の捉え方を変えるほど大きいものでした。
ピュアスポーツでありながら小排気量で使いきれるからこそ面白い。
RZ250の登場により250という排気量は劣化版400という不名誉なレッテルを剥がすことに成功します。

それに対抗したメーカーはHONDAです。
2ストにあえて4ストで挑んだ姿勢から自身の技術力に対する自信が相当大きいことがわかります。
RZ250の発売から遅れること2年。
世に送り出されたバイクはVT250Fでした。
RZ250に対抗してレプリカから技術をフィードバック。
打倒YAMAHAの一番手として反撃の狼煙をあげます。

さて、両者の簡単な比較ですが
直線は当然2ストのRZ250が速いのはわかると思います。
車重もVT250Fの方がRZ250よりも10kgも重い。
スペックではVT250Fの方が不利に見えます。
ではどこがVT250FがRZ250に勝っている点なのでしょうか。

それはエンジンです。
たしかに4ストは2ストに直線では敵いません。
しかし2ストで速く走るためには高回転域をキープしなければならず、ピーキーで非常に扱い辛いという弱点があります。
対してVT250FのVツイン(V型2気筒)エンジンは高回転まで伸びるにもかかわらず低回転からのトルクもあり扱いやすいとの評価を受けました。
すなわち瞬発力のRZ250 VS 安定感のVT250Fという構図が確立されました。

さらにHONDAが誤算だったのはピュアスポーツとしてVT250Fを出したにも関わらず女性やビギナーに受け入れられたことです。
前述したようにトルクがあって乗りやすいという長所はこれからバイクに乗りたいという人に最適だったわけです。
乗りやすく乗りこなせれば速い。そら買いますわ。
最新のスポーツモデルしかも250という排気量ならば人気モデルとなったのは何ら不思議なことではありません。

当然YAMAHAが反撃を受けて黙っているわけがありません。
VT250Fの登場を受けてRZ250はモデルチェンジを行い更なる進化を遂げます。
そしてそれに追いつけ追い越せのVT250Fも負けじとハイスペックになっていくわけです。
戦いは次のステージへ移行していくことになります。
スポンサーサイト
category
バイク雑談

Comment

Trackback

http://grandtouring1.blog.fc2.com/tb.php/102-2f861b0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。