Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

モタード乗りたい その11(Kawasaki Dtracker125)

大分更新さぼっていました。

なかなかこちらまで手が回らなくて←言い訳




前回は小排気量のモタードっていいよね
という話をしていたと思います。


小排気量=原付2種

維持費が安くて燃費も良く、日用の足、サーキット用、カスタム(いわゆる盆栽)用

なんでもできるのが魅力のクラスです!


では早速みていくことにしましょう。



Kawasaki D-tracker125

2-773.jpg



国産モタードのパイオニア的存在であるDトラッカーの弟分にあたるのがD-tracker125。

兄貴分のDトラッカー(125cc)がD虎と呼ばれているのにちなんで、通称は子虎。

車種名に125とついているように125ccのエンジンを積んだモタードバイクです。

原付といえばチャチで壊れたら乗り換える消耗品くらいのイメージしかありませんが、このバイク、装備は本格的なんです。


車体はKLX125と共通に開発され、

そしてなんとフロントフォークは倒立フォークを採用

中排気量クラス以下では倒立フォークのメリットというものは少なく、むしろコストがかさむというデメリットをメーカーが嫌っているために、250ccそして400ccでも採用されている車種は少ないです。

それだけでもこの車両にかけた気持ちが伝わってきますね。


エンジンは信頼性のある空冷SOHCエンジンで出力は10.2馬力を発生。

トルクは1.0kgで軽い車体を引っ張ります。


エンジンもそうですが、やはりこのバイクの売りは足回り。

原付でありながら前後ディスクブレーキ。

14インチのホイールと25°30′という驚異的なキャスター角は軽い車体と相まって小回りで抜群の性能を発揮します。


兄貴分のD虎に匹敵する人気を持ち、カスタムパーツが豊富なのも見逃せません。

燃費の良さとファミリーバイク特約で浮いたお金をパーツに回すことができます。

もちろん一般道をリードできるだけの速度を出すことも容易です。



モタード乗りたいけど今のバイクも手放したくはないという方!

子虎はいかがでしょうか。
スポンサーサイト
category
バイク雑談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。