Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

モタード乗りたい その3(HONDA CRF250M)

前回はYAMAHAのWR250Xについて書きました。
YAMAHAがコンペティションモデルのみつけられていたWRの称号を使ったのに対して
HONDAもCRFというコンペティションモデルの名前を持つマシンを出してきます。
それがCRF250Mです。

CRF250.jpg

CRF250Lという最近出たオフ車をモタード化したモデルです。
(オフロードの記事から書けばよかったといつも後悔してます)
いかにも「オフを走るぞ」と主張するLのカラーリングに対して、Mは街中でも映えるカラーリングとなっています。
当然ですが足回りは一新され、街乗りそして峠でも乗りやすいモデルとして徐々に人気を集めつつあるモデルです。

CRF250M.jpg

エンジンは最近売れている現行CBR250Rのエンジンを最高出力を落とし低中速域のトルクを重視した仕様となっています。
CBRのスポーティな単気筒エンジンに加え軽い車体、さらに専用の足回り。
これだけでもかなり楽しそうなマシンであることは想像に難くありません。
加えて、元からあるエンジンとフレームを利用することで開発コストを安くできたのも大きな強みだと思います。

実際にWR250Xと車両価格を比較してみると
WR250X :732900
CRF250M:489300
と明らかに安いことがわかります。

価格は比較しましたが、CFR250MとWR250Xを比較するのはナンセンスな話です。
なぜなら成り立ちが全く違いますから。
基本的にモタードモデルはオフロードの派生として生まれるモデルなのですが
YAMAHAにはセローとトリッカーというユーザーフレンドリーなマシンが存在したためスパルタンなWR250Rが存在する余地があったわけです。
これに対してHONDAはCRF250Lの1車種で対抗しなければならなかったためパワーもそこそこで乗り心地の良いオフロードを開拓する必要がありました。
後出しジャンケンのため価格を抑えながらこの性能のマシンを開発したHONDAはさすがといえます。
事実YAMAHAのXT250Xというモタードよりも安い価格です。

CRF250MとWR250X
ともにコンペティション譲りの称号が与えられていますが両者の性格は全く異なります。
YAMAHAのWR250Xが公道を走るコンペティションモデルであるのに対して
HONDAのCRF250Mは本当のコンペティションモデルに乗るためのステップとして存在している。
そんな印象を受けます。
「モタードってどうなのかな?」というユーザーに対して価格が安いかつ懐が深いCRF250Mは非常に魅力的なマシンでしょう。
加えてレギュラー仕様で燃費がよいためセカンドバイクとしても最適な一台だと思います。

スペック
・水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
・23ps/8,500rpm
・2.2kgf・m/7,000rpm
・145kg
スポンサーサイト
category
バイク雑談

モタード乗りたい その2(YAMAHA WR250X)

「モタード乗りたい」と気の向くままに書いてしまったので、車種の紹介でもしていくこととしましょうか。

現行のモタードの代表といえばYAMAHAのWR250Xです。


20110113_748344.jpg
画像はWR250X。

オフロード&モタード好きのみならずWR250XがWR250Rの兄弟車ということを知っている人は多いと思います。
WR250Rといえば「オフロードのR1」とYAMAHAが提唱するスパルタンなスポーツ性重視のオフ車です。
スポーツ性能は現行のオフ車の中でも飛び抜けた存在と言えます。
オフロード&モタードに興味のない人にどれくらいすごいのか説明すると…

250という排気量は現在最も活発なクラスでNinja250、CBR250R、GSR250をはじめとする国産スポーツモデルも数多く存在します。
え?GSR250はスポーツではないって?
そこは置いといてラインナップの充実ぶりを見ると各メーカーが250という排気量にどれだけ力を入れているのかお分かりになるはずです。
しかし、YAMAHAだけ250のネイキッド(もしくはフルカウル)を出していません。
(※YBR250はありますがあれは中国YAMAHAが作ったのもなので除きます。
なぜならばWR250Xがあるからです。
WR250Xさえあれば250のスポーツモデルは他にはいらない。
むしろWR250Xで他メーカーの250スポーツに勝てるという自信さえ伝わってきます。
考えてみてください!
YAMAHAはもともとスポーツバイクに力を入れていたメーカーです。
250クラスではRZ、TZR、FZRとコーナーリングマシンを作ってきた歴史があります。
WR250XはそのYAMAHAが自信をもって送り出した刺客なのです。

主なこだわりポイントとしては
・アルミ鍛造ピストンを用いたエンジンはボア77.0mm×ストローク53.6mmという超ショートストロークの設計で
・単気筒でありながら31ps/10000rpmという高出力を高回転で発揮。
・フレームは鋳造パートと鍛造パートを合わせた3分割構造。
・スイングアームもアルミ製。
・ただWR250Rのホイールとタイヤを変更しただけでなく、足回りの46mm倒立フォークはWR250X専用にりセッティングされています。
・排気系にはYAMAHAのお家芸であるEXUPにより低回転でのトルクを確保しています。

モタードにはシート高が高いという弱点がありますが、それは重心が高いということを意味します。
すなわち寝し込みが軽いということです。
車重134kgという軽さに加え、寝し込みの軽さ、単気筒ゆえのトルク、高回転域でのパワー
これを兼ね揃えたWR250Xは250クラスでは別格といえるほどの戦闘力を持っていると思います。

購入の際のネックとなりそうなのは
 1、ハイオク指定であること
 2、車両価格が高いこと
1ですがこれは割り切るしかないでしょう。購入後のカスタムでどうにかなる問題ではありません。
2については確かに250という排気量のバイクで73万という価格は高いように思えます。
しかし、これだけ充実した装備を持っているバイクが現行250の中にはないのも事実です。
作り込みは徹底されていてワインディングに持ち込むとビッグバイクもカモれるだけの性能を持っていますし、モタードレースにも出れる。
そう考えると決して高い買い物ではないと思います。

まとめると
車両価格は確かに高いですが、この価格はむしろバーゲンプライス。
コストダウンを最優先に作られている現行250とは性能・装備はもとよりコンセプトが違います。
そこそこの値段でそこそこのバイクが欲しいという人は他のバイクを当たればいいだけの話です。
『本当に分かる奴だけが乗ればいい』
知れば知るほどYAMAHAのそんな声が聞こえてくる気がします。

スペック
・水冷・4ストローク・DOHC4バルブ
・23kW(31PS)/10,000r/mi
・24N・m(2.4kgf・m)/8,000r/min
・134kg
category
バイク雑談

モタード乗りたい

「モタード乗りたい」と最近思い始めました。

なぜかというと少し話は長くなります。
トリッカーからゼルビスに乗り換えてからは車格が大きくパワーもあって安定しているために長距離メインなりました。
荷掛フックあり、シート下の収納スペースあり、タンク容量は大きく250のツアラーとしてはかなり優秀な部類に入ると思います。
↑と言っても250のツアラーなんてゼルビスとZZR250とアクロスくらいしかないんですけどね。


で、今に至ります。
一言にまとめると「忙しくてツーリングにいけない」
=もっとシティコミューターとして楽なのが良い。
→でもストリート系は遠出にはちと辛い。
→モアパワー・モアトルク・モア軽さが欲しい
→モタードでよくね?
というわけです。

そもそもモタードとは従来オフロードのバイクにオンロードタイヤとホイールを履かせたバイクを言います。
オフ車というのは車体が軽いかつ低中回転重視の単気筒エンジンのため街中の扱いが楽、しかも燃費も良い。
モタードはさらにオンロードホイール&タイヤで舗装路の戦闘力アップ!
結果日用でも楽しい
となると勝手にウハウハしています。

欠点はオフロードの短所をそのまま引き継ぐことです。
1、車高が高い
 これにより小柄な人は敬遠する傾向があります。シート高は高いですが、シート幅が狭く車重も軽いために思ったよりも耐えられるという印象です。一度試乗をオススメします。
2、長距離にむかない。
 まずはシートが細いためにお尻が痛くなります。さらに高回転エンジンではないため高速道路を走ることはあまりオススメできません。回すと振動が激しくなりお尻が2つに割れてしまいます。
 僕のお尻は割れてます。

モタードの短所は上記以外では積載性がないことです。
ですが、全てのカテゴリにおいて言えるのは
「好きなら関係なくね?」
ということです。
好きになれば痘痕(あばた)も靨(えくぼ)です。

ま、一番の問題は予算がないことなんですけどね。
category
バイク雑談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。