Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

バイクが好きだ 鼻歌編

スポンサーサイト
category
動画

225の系譜 その2

~前回までのあらすじ~
YAMAHAが出したセロー225
225という排気量は200ccと250ccの両方の良さを持っている反面
どちらの短所をも持っているという欠点がある。
YAMAHAはいかにしてその弱点を克服したのか

結論から言うと「克服はしなかった」
正確には利点を最大限に生かしたというべきか。
200ccよりパワーがあり、250ccより乗りやすい
「オフロード」ではなく「マウンテントレール」という新ジャンルを開拓したのである。

「マウンテントレール」とは
オフロードを攻めるのではなく二輪二足で山道に入っていこうという考えの新ジャンルである。
当時のオフロードといえばレーサー技術をフィードバックした2stが圧倒的に速く250ccは2stが大半を占めていた。
そしてHONDAやSUZUKIが猛威をふるっており、YAMAHAはそのジャンルで苦戦していた。
YAMAHAのセロー225は250ccの本格的なオフロードと勝負することなく新たなジャンルを切り開くことで活路を見出すことができたのである。
前述したようにセロー225は大ヒットとなり、間違いなく日本バイク史に残る名車となった。
YAMAHAは気楽に乗れる「マウンテントレール」と本格的な「オフロード」の二台体制でオフロードというカテゴリで生き抜いた。
そしてその精神は現在セロー250とWR250Rに受け継がれている。

しかし、セロー225が新たに切り開いた「マウンテントレール」におけるYAMAHAの独走をあのメーカーが容認するはずがなかった。
~続く~
category
バイク雑談

セロー225 cm

225の系譜
セロー225の当時のcmです。
次回のヒントなので是非見てください


category
動画

225の系譜

中型免許は400ccまで乗れる免許である。
400ccの範囲内でも排気量はいくつかにカテゴライズされる。
大きく分けて50cc、125cc、250cc、400cc。
しかしその中に分類されない排気量がある。
その一つが225ccである。

225ccや230ccという中途半端な排気量を不思議に思ってことはないだろうか。
TW225、セロー225、FTR225、SL230、XR230、CB223Sなどなど。
これらの共通点は一体何だろうか。
なぜこの中途半端な排気量は存在するのだろうか。

上記のバイクを見るとオフロード・ストリート・デュアルパーパスに分類される。
逆にそれ以外のカテゴリではこの奇抜な排気量のバイクを思いつくのは難しい。
すぐに思いつくのはレブル(HONDA)
225ccという排気量は廃れた200ccと250ccのちょうど中間に当たるということを頭に置いて以下の文を読んで欲しい。

225ccの草分けとなったモデルがある。
それがYAMAHAのセロー225だ。
当時のオフロードは大きく200ccと250ccに二分されていた。
200ccは足つきが良いがパワーに欠けるため経験者に敬遠されていた。
250ccはパワーはあるものの足つきが悪く初心者に敬遠されていた。
そこに登場した225ccのセロー。
200ccよりパワーがあり、250ccより足つきが良い。
まさに双方の良さを取ったような排気量でたちまち人気となった。

serow225_198908.jpg
なんか最近画像でっかいな

しかしそれを逆に捉えることもできる。
・200ccほど足つきがよいわけではなく
・250ccほどパワーがあるわけではない(昔は2stが存在していた)
という両者の欠点を持っていることになる。
セローはいかにしてその困難を乗り越えたのか?
~続く~
category
バイク雑談

新連載

メンバーと所有するバイクの紹介も終わったことなので
連載記事でも書こうと思います。

試しに「225の系譜」と称して書いてみます。
間違っている箇所があったらすみません。
category
未分類

スズキ グース350

青グース君の愛車のグース350の紹介記事です。

カタログより
DR350用をベースのエンジンを、パイプトラス部とアルミ製ハンガープレートで構成されるフレームに倒立フォークを装着。
まるでレーサーレプリカのようなポジションとハンドリング特性を持ち、キビキビとしたパワー特性と切れ味鋭い走りが特徴。

goose350_1991.jpg
さっきからやけに画像でかくなったな
SUZUKIの呪いか?

スペック
油冷4ストOHC4バルブ単気筒
33PS/8000rpm
3.3kgm/6500rpm
145kg

レーサーレプリカ全盛期にSUZUKIが送り出したのがこのグース
開発コンセプトは「直線は退屈だ」
レーサーのカウルを外したような見た目とは裏腹にスペックは低め
当時はカタログ数値でバイクを選ぶ時代だったためヒットはしませんでした。
しかし145kgという軽さ、セパハン、倒立フォークによる圧倒的なコーナリング性能
そして搭載する油冷4ストOHC4バルブ単気筒による単気筒らしくコーナーの立ち上がりの絶大なトラクション
峠の下りという限られたステージではかなりの戦闘力を誇ります。
良い意味で単気筒らしくなく高回転まで回り
ヒラヒラと倒すのが気持ちいい。

最高速が速いわけではない
登りも速くはない
長距離では腰が砕けるほどきついライポジ
しかし、峠のダウンヒルを攻めるとそんなことはすべてどうでもいいかのように思えるマシン
峠はなぁ、パワーよりバランスなんだよ
という開発者の声が聞こえてきそうな気さえします。

メーカーが純正でカスタムのように入れ込んだバイクというのは大抵が不人気に終わります。
このグースもその一台
しかし、メーカーが本気で作ったというのは乗ってみればわかります。
単気筒ということで維持費も安いでしょうし峠を攻めたい人にオススメしたいバイクです。

~直線は退屈だ~
category
バイク雑談

青グース君紹介

メンバーの青グース君の紹介です。

愛車はグース350
私との出会いはバイク屋
グース350は私が以前から気になっていたバイクでした。
たまたまサスペンションの相談に来た彼に話しかけ盛り上がりました。
車体はかなり綺麗です。

平川グース

めっちゃ顔うつってしまったけど、ま、いいか(笑)
しかも本人に許可とっていません

実は彼とは実家が近いことが判明
同郷の人となかなか会うことはないので地元トークでもりあがったりしました。

長い距離を一緒に走ったわけではないので正確な実力はわかりませんが、少なくとも下手ではないと思います。
むしろ安全運転、ツーリング志向です。
グースって姿勢が凄まじいので軽く乗っていても後ろから見ると気合入って見えるんですよ

他に一緒にいく仲間もいるそうなので是非近々紹介して欲しい。
もうバイク大好きオーラが伝わってくるので話してて楽しい子です。
category
メンバー&愛車紹介

鈴菌撒いてやんよ

 ∧_∧  鈴菌撒いてやんよ
  ( ・ω・)ノ>゚s+。:.s゚s
  C□ / ゚。:.゚.s:。+゚s
  /  . | s s s s
  (ノ ̄??


   ∧_∧   彡
  ( ・ω+。s:.゚s 彡 アッ!
  C□゚。:.゚.:s。+゚s
  /  . | s s s
  (ノ ̄??
category
コピペ

四大メーカー改

カワサキのバイクを
ホンダに持ち込む:あのさぁ・・・
ヤマハに持ち込む:あのさぁ・・・
スズキに持ち込む:あのさぁ・・・
カワサキに持ち込む:へぇ!?Z1のクラッチレバーですかぁ!?
category
コピペ

四大メーカー

ホンダのバイクを
ヤマハに持ち込む :まぁ、ホンダも直せなくはないけどね
スズキに持ち込む :ツマラン、どこかに細工してやろうか・・
カワサキに持ち込む:出てけゴルァァァァァァァァァァァ!!

ヤマハのバイクを
ホンダに持ち込む :おぅ、ヤマハさんのバイクか
スズキに持ち込む :打倒ホンダの僚友だ、バッチリ直してやるぜ
カワサキに持ち込む:けっ、優等生バイクか

スズキのバイクを
ホンダに持ち込む :けっこう癖のある作りしてんだよね
ヤマハに持ち込む :スズキさんか・・部品取り寄せとか大丈夫かな
カワサキに持ち込む:スズキか、最近小奇麗にまとまっちまいやがって・・

カワサキのバイクを
ホンダに持ち込む :カワサキか・・
ヤマハに持ち込む :カワサキか・・
スズキに持ち込む :カワサキか・・
カワサキに持ち込む:カワサキか・・
category
コピペ

報告

新カテゴリ「コピペ」追加予定です。

有名どころからほっこりする話まで。
長いものは数回に分けて貼ろうと思います。
category
紹介

「バイクが、好きだ。」はじめてのバイク篇

説明文
このCMは、昨年 ファッションイベントで実施した「モンキー展示&プチ試乗体験」企画から生まれました­。
女の子達が楽しむ様子は、私たちの想像を大きく超えるものでした。
CM出演者の3人は、ミッション付バイクはほぼ初体験。エンジンをかける、クラッチを­つなぐ、アクセルをあける...。その一つ一つの動作が初めての彼女達に、演出なんて­必要ありません。
はじめて体験のワクワク・ドキドキ感が溢れる、とっても楽しいCMをどうぞお楽しみく­ださい。



バイクに初めて乗る喜び
ビリビリ伝わってくる動画です。
これはどんな役者にも無理だと思います。
あなたは忘れていませんか?
category
動画

ヤマハ XJR400

ペケくんの愛車であるXJR400の紹介記事です。

カタログより
前傾14度、オイルクーラー装備の新設計空冷DOHC4バルブフォアを、これも新設計の高張力鋼管Wクレードルフレームに載せたヤマハの400ネイキッド。
吸気はTPS付きSΦ30mmキャブ、排気は2-3番を連結した4-2-1のチャンバー付きマフラー、点火システムはマップ制御方式を採用する。
xjr40r__200701.jpg


スペック
空冷4ストDOHC4バルブ並
列4気筒
53PS/11000rpm
3.5kg-m/9500rpm
175kg

ゼファーやスーパーフォアに対抗するためヤマハが出した400ネイキッド
スタンダードな見た目でありながら現代でも通用する美しいデザイン
あえての空冷エンジン
そこから出る官能的なサウンド( ;∀;) カンドーシタ
他と比べて秀でた部分はありませんが、かわりに劣る部分も全くない
攻撃的な他メーカーのデザインとは異なりどことなく落ち着いた印象を受けるのは私だけではないはずです。

ただこのXJR
ゼファー同様ヤンキー愛用のバイクとして知られています。
バイク屋で中古の購入を考える際はそのあたりに気をつけてください
category
バイク雑談

ペケくん紹介

メンバーのペケくんの紹介記事です。

愛車はXJR400
私の大好きなYAMAHAのネイキッド
バイクに興味を持ったのは最近で小さい頃仮面ライダーが好きだったことが関係してるのかもしれないと本人は言っていました。
尾堂
空冷4発とは渋い
ちなみにマフラーの音うるさすぎて一緒に走ると自分の音が全くきこえません(笑)

攻める走りは全くせずにゆっくりと
されど安全にバイクに乗る姿勢は素晴らしいと思います。
まだ初心者ってのもあるとは思いますがこの姿勢を忘れないで走り続けて欲しいです。
category
メンバー&愛車紹介

さらば大学

先日更新せず申し訳ありませんでした。

大学の卒業式に行っておりました。
色々な人と出会い様々な経験をすることで少しは成長できたと思います。
離れてしまいますがブログはちょいちょい更新していく予定なので、更新されているのを見て「生きてるんだな」と思ってくだされば幸いです。

ちなみに帰り道にバリ男君のZZRとスレ違いました(笑)
category
未分類

下忍もcm

ヨーロッパ用のcmです。
( ・∀・) イイネ!


category
動画

カワサキ Ninja250R

めぞん君の愛車であるNinja250Rの紹介記事です。

カタログより
ニンジャシリーズの末弟。
スチール製ダイヤモンドフレームに搭載された水冷4バルブDOHCツインエンジンは、180度クランクや直打式バルブ駆動を採用して、中低速域の力強さと伸びやかな高回転性能を両立。燃料供給にはデュアルスロットルバルブ式フューエルインジェクションを採用し、シビアすぎないライダーの操作に忠実なスロットルレスポンスを実現している。
37φ正立フォークにスチール製角パイプスイングアーム、ユニトラックサス、前後17インチ6本スポークホイールでセットされた足まわりも、ニュートラルで接地感に優れるハンドリングを実現。
フロント290φ×リア220φのブレーキディスクはペタルタイプが採用されている。マルチリフレクターデュアルヘッドライトを埋め込んだフルカウルデザインに、レーシーなセパレートシート、マスの集中化を狙ったシンプルなテールまわりの処理など、外装もニンジャの名に恥じない本格的な仕上がりだ。
2011年モデルはメーターパネルのデザインが変更され、価格が税込で5000円アップ。カラーリングはエボニーと従来とは色調の異なるブルーの2色となった。

スペック
水冷 4st 2気筒
31ps/11000rpm
2.1kg-m/8500rpm

スペックだけ見ると以前取り上げたゼルビスやバリオスには遠く及びません。
正直「今の250なんて」と思っていました
しかし、乗ってビックリ(;゚Д゚)!
低回転からのトルクがあり驚くほどシルキー
さらにカワサキ特有のパルス感ももれなくついてきます

250再ブームのきっかけとなった一台
本格的なスポーツ志向ではなくあくまでスポーツツアラーとしてキレイにまとめられています。
他の250にはCBR250RやGSR250がありますが
CBR250Rは峠志向
GSR250はツーリング志向
Ninjaはその中間といったところでしょうか
人それぞれ好みがあるためどれが一番か決めることはしません
しかし250で一台選びたい時この三台が真っ先に挙がっても何らおかしくないです。

まぁカワサキ特有のガシャガシャ音が鳴らないのが不満な人もいますけど(笑)
category
バイク雑談

めぞんくん紹介

メンバーのめぞんくんの紹介です。
愛車は赤のNinja25oR
野添ニンンジャ

バイクの免許を取った理由は速いのが好きだから
F1を見るそうでめっちゃ詳しいです。
見た目はイケメンで中身はちょっと変態というのがいい!
よく女の子の方を見てます。

走りのセンスは抜群にいいですね(バリ男くんに匹敵するかも
とろとろ先導しているとすぐ後ろをつつかれます
ホント楽しそうにバイクに乗るのでこっちも楽しくなります。

彼とは直接面識はなかったのですが色々な方面の因縁があって会いました。
しかも住んでいるマンション同じという奇跡
この奇跡は偶然なのか?

偶然でないと信じたいですね
category
メンバー&愛車紹介

実際あったマジキチCM

こんなcmがあったとは世も末すぎます

断言しましょう
たとえよそより査定が高くともここには売りたくはない
なんかテンション怖い



見れない人のために
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15601572
category
動画

カワサキ エストレヤ

エンストレヤくんの愛車エストレヤの紹介です。
↑紛らわしいなおい

カタログより
往年の名車メグロを彷彿とさせるディテールを各部にちりばめたスタイル。あえてクラシカルな外観を持たされた空冷OHCシングルエンジンは新設計で、1軸バランサーを備えて振動を減少させつつ、力強いフィーリングを感じさせ、特有の歯切れよいサウンドを奏でる。

estrella_1992.jpg

スペック
20PS/7500rpm
2.1kgm/6000rpm
142kg

まさに趣味の250
250の単気筒はオフロード以外では趣味のバイクに入ると思います。
2or4気筒の方が高回転で伸びるわけですし。
ただ単気筒の楽しさはトリッカーで書いたようにスペックには現れません。
トトトト…という心地よいエンジンのサウンドと振動
それを聞きながらゆったりとバイクに乗る
なんと優雅な時間ではないでしょうか。

さてエストレヤ(雑誌やサイトによってはエストレア)
250TRと同じエンジンを搭載したヴィンテージなバイクです。
つまり低速のトルクもいいです。
レトロな外見にロングストローク単気筒エンジンと400のSRに似たコンセプト
ライダーに飛ばすことを要求しない素晴らしいバイクです。
さらに軽量で足つきもいいので初心者や女性にもオススメできます。

確かに速くはありません。
しかし速く走ることでは得られない楽しさを伝えてくれる一台です。
category
バイク雑談

エンストレヤくん

メンバーのエンストレヤくんの紹介です。
名前が示すとおり愛車はエストレヤ
雑誌を見て一目惚れしたそうです。

一言で表すと
「行動力のある変態」
ちょいちょい奇行を耳にします
街まで知らない女の子の名前+おっぱい叫びながら走っていったり
でも憎めないのが彼のいいところです。

バイク初心者にして北海道に行くという偉業も成し遂げています。
これは正直うらやましい限りですね。
はっきり言って尊敬してます。
私もこの夏単身北海道に乗り込もうと考え中です。
ロンツーはソロツーが気軽でいいですね

そもそもチーム作りは彼がサークルを作りたいと言っていたのを聞いたのが始まりでした
大学のサークルを目指すというよりは
サークルのスタンスのチームにしようと思い立ったわけです。
ちなみにバリ男くんとはその時たまたま出会いました。
バリ男くんもそうですがエンストレヤくんなしにはうちは語れません。

そんな彼は将来はトライアンフのボンネビルに乗りたいとか
うーん、夢があっていい
category
メンバー&愛車紹介

すごいところを走るオフ車

変な動画見つけました
もう[壁|(・д・`。 )))。。。走ってます
落ちたら絶対死ぬ

こんなん見たらオフ車乗りたくなるやろうが
バリ男くんに任せるしかないな


category
動画

トリッカー Demo

これ見てトリッカーに惚れたという動画を2本あげます(YouTubeより


ヤマハさん
公式デモで流していいのこれ?



すごい
河を渡るところがお気に入りです。
一言突っ込んでいいですか?
もう一台どうした?
category
動画

ヤマハ トリッカー

私がゼルビスの前に乗っていたバイクがトリッカーです。

カタログより
X系スポーツのムードと日常の使い勝手を融合させたフリーライドプレイバイク。
マスの集中化を徹底追求した個性的なデザインのシャシーに、メッキシリンダーや鍛造ピストン、フューエルインジェクションなどを採用した専用設計の空冷OHC単気筒えんじんを組み合わせている。2010年モデルはブルーに代わって新色のマットブラックを追加。
フレーム、タンク、フロントフォークアウターチューブをツヤ消しブラック、タンクカバーをツヤ有りブラックとして、精悍なイメージを演出。人気のオレンジは継続販売される。このカラーチェンジを機に上級仕様のSはラインアップを外れた。

トリッカー

スペック
空冷 4st 単気筒
18ps/7500rpm
1.9kg-m/6500rpm
117kg

実際乗っていた者から言わせると
スペックではわからない楽しさがあります。
MTBのような細く軽い車体に低速からトルクのあるエンジン
ホントに自転車替わりに乗っていけるバイクです。

私が乗っていた時は人気がなかったのか街中でトリッカーを見ることはほとんどありませんでしたが、今ではよく見るようになりました。
大学の駐輪場にも何台か停まっています。

弱点はやはり高速巡航が苦手だということ。
100km/hでの振動はすごいです。
それとリアが16インチなのでタイヤが選べないこと
私はIRCのRX-01履いていました。
デュアルパーパスにしては積載性ないですね(見てわかりますが

割と安い価格で売られているため気になる人にはおすすめです。
近年カスタムパーツも増えてきているためカスタムベースとしてもおすすめの一台です。
セローのホイールをつけてセロッカー化するのもいいですし、ストリート寄りにするもよし。
黄色やオレンジにすると絶対目立つ一台です。
category
バイク雑談

カワサキ ZZR400

しもだバリ男くんの現在の愛車ZZR400の紹介です。

カタログより
希少なミドル級本格ツアラーとして16年のロングセラーを続けるマシン。人気ネイキッドモデルZRXにも流用されたショートストロークタイプの水冷4気筒エンジンを、強度メンバーがエンジンサイドにまで回り込んだ特徴的なアルクロスフレームに搭載。ツインラムエアシステムによる高回転域の伸びのよさと、大柄なボディによる優れた居住性、安定感の高いハンドリングによって、快適なロングクルージングを約束してくれる。時計や格納式荷掛けフック、ツイントリップメーターなど、実用装備の充実振りでも評価が高い。今回、アンダーカウルまで同色としたブルーとレッドにカラーチェンジされた。価格、主要諸元に変更はない。

zzr400.jpg

スペック
水冷 4st 4気筒
53ps/11000rpm
3.8kg-m/9000rpm
197kg


ロングセラーのツアラーバイク
ゼルビス乗りの私は常日頃からZZR250に対抗意識を燃やしていましたがZZR400には燃やせません
なぜなら
パワーもフルカウルも日本国内を走り回るには最適だからです。
高速に十分なスピードで巡航できるでしょうし、フルカウルの防風性もいいでしょう、さらに思い車体は逆に安定しやすいとも言えます。
これならどこまででもいけそう

バリ男くんはどこまでいくのでしょうか
category
バイク雑談

カワサキ バリオス

バリ男くんの愛車(だった)バリオスの紹介です。

カタログより
最高出力を1万4000回転で発生する高回転型ながら、低中回転域でも十分なフレキシビリティを確保した水冷4気筒エンジンを、独特なクレードル形状を持つ鋼管製フレームに搭載したスポーツネイキッド。流麗でコンパクトなスタイルと活発な走り、オールステンレスバフ仕上げの集合マフラーやシート下の収納スペース、ハザードランプといったハイグレードかつ充実した装備で、幅広いユーザー層から支持を集めている。メインスイッチは、異物を刺し込んで無理に回そうとするとシリンダーが空転し、さらに電気回路も遮断する盗難防止型。排気ガスを浄化するKLEENも装備している。2007年モデルはカラーリングを変更。すべて新色のレッド、ブラック、ブルーの3色がラインアップされる。価格、主要諸元に変更はない。

バリオス

スペック
40PS/15000rpm
2.4g-m/10000rpm
141kg

RZ250やVT250Fに対抗すべくカワサキが出したのがこのバリオス
ストレスなく吹け上がる4発エンジン、2万回転までついているタコメーター、軽量ボディ、モノサス
峠ではレプリカに匹敵する速さと書いてあるサイトもあるほどです。

しかし乗りにくさはなく
足つきが良い+バーハンドル+軽い
とむしろ日常の足としても乗りやすいバイクです。

馬力規制で45→40馬力になり、バリオスⅡではリアサスが2本になるなど走りの性能こそ落ちましたが人気のあるモデルですね。
軽い、速い、安いを兼ね揃えた250の雄です。

バイク屋曰く
「初期型は乗れたもんじゃない」
乗りこなしてる人いつもとなりにいました(笑)

最後に
こいつのプラグ交換はくそめんどくさいです
category
バイク雑談

しもだバリ男くん

メンバーのしもだバリ男くんの紹介です。

愛車はバリオス(規制前45馬力)→ZZR400
カワサキを愛する熱い男です。
カワサキ以外に乗る彼を想像できません。というか彼にはカワサキしか似合いません。

自分の所属する学部の後輩にあたりますが
出会ったのはバイク屋
お互いオイル交換に来ていたときに話しかけ意気投合、そのままつるんで走るようになりました。
ちなみに私と彼そしてもうひとりが初期メンバーです。

彼を形容するならば
私の欲しいものを持っている男と言ったところでしょうか
人望、センス、そしてルックス
どれを取っても敵いません(´;ω;`)
しかもそれでいて年上に敬意も払えるって…

まとまると
彼なしにはうちはありえないってことです。
(もちろん他のメンバーにも同じことが言えますが)

このブログ見られたら恥ずかしいなぁ
もっと記事書いて下におしやろう
category
メンバー&愛車紹介

ゼルビスターボ

私の愛機ゼルビス
ちょこちょこカスタムはしていますが、上には上がいるもんです。

なんとターボ化
もう変態ですよ、変態
ゼルターボ

METAL SPEEDさんがターボキット出してます。
その馬力なんと70馬力オーバー
ちなみにCB400SFは53馬力です。
超えちゃってるよ
一体いくらブーストかけてるんだ?

全てのゼルオーナーが一度はターボ化を考えたことがあるはずです。
これがあればそこらの400には負けないぜ
車重の重さのパワーでカバー

しかしこれ
工賃込みで70万円くらいするんですよ
免許とって750帰る値段です(笑)
落合社長もっと安くしてください

ただしターボは法律の穴で
バイクのターボはつけても違反じゃないんです。
250の税金+保険で70馬力のマシンに乗れる
そして絶対に人と被らない
そう考えるとターボ化もいいのではないでしょうか
category
バイク雑談

HONDA ゼルビス

私の愛機ゼルビス VT250FN
Xelvisとは造語で「最高の歓迎すべき友人」という意味があります。
VTシリーズの亜種に当たり、VTスパーダのエンジンを中低速のトルクをアップさせ輸出用CB500のフレームに搭載したバイクです。
VTシリーズの90度Vツインを搭載し、切れ角左右70度のハンドル、シーとした収納ボックス、豊富な荷掛けフックなど、市街地での扱いやすさを徹底

ゼルビス
スペックは
最高出力 36PS/11500rpm
最大トルク2.6kg-m/8500rpm
乾燥重量 156kg
エンジンはもちろん水冷4ストロークDOHC4バルブ2気筒

整備性のよいハーフカウル
ぶっちゃけあまり恩恵を感じません。
フルカウルにすれば絶対売れたと思うのですが

さすが中低速のトルクがあるだけあって街中は楽です。
長距離もへっちゃらです。
6速発進だってできちゃいます
※良い子は真似しないでね

近年CBスーパーボルドールやVTR-F、Ninja、GSR250といった快適性を求めるバイクが流行ですが
まさにゼルビスはその前身
いわばスーパーボルドールのプロトタイプ
しかし、発売当時はレプリカブーム真っ只中
カタログスペックでバイクを選ぶ時代でした。

時代を10年先取りした不遇の名車
今出したら絶対売れる
HONDAさんVTR-Fなんか出さなくていいから400で復活させておくれ
でもそしたらSBとかぶるか
とバイク板でオーナー達は日夜なげいているのでした
category
バイク雑談

メンバー&愛車紹介

まずは私から書き込まないといけませんよね。
T-Mats(ゼル尾)といいます。

愛車はゼルビスです。
ゼルビスと聞いてコアな人は「ゆっくりゼルビス」を思い浮かべるかもしれません。
断言しておきますが真似をしたわけではありません。
画像ファイルが大きくて載せられないのが残念。

これまで乗り継いできたバイクは
XLR250R→Dトラッカー→トリッカー→ゼルビス
とオフロード・モタードと軽量級ばかり乗り継いでいたのになぜか突然変異を起こしました。
実は弟が免許とったのでトリッカーに乗ってもらい、自分はゼルビスに乗り始めたわけです。
なんでゼルビスかはこっちが聞きたいくらいです。
実家に帰ったら変わってました。

ただおかげでツーリング志向になったことは間違いなく
全ての発端と言えるでしょう
category
メンバー&愛車紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。